SIBAT NO8

シバストテーブル No 2

シバストテーブルNo.2は新生したシバスト・ファニチャーからのオリジナル作品です。ヘルゲ・シバストの元で木工職人としての道を歩んだ娘、そしてその息子のディトレヴ・シバストと妻のアナ、3人がシンプルで普遍的な、そして父ヘルゲ・シバストが作り出した傑作とマッチすることを一番に考えたデザインです。

「祖父がもしテーブルをデザインしたのなら、そのテーブルは椅子と共に生き、決して椅子の存在を隠す存在にはならなかっただろうと思う。椅子の美しさ存分に味わってもらうため、このテーブルは流れるような細いラインを基調にデザインしました。」と3人は語ります。椅子から感じられる美しさを決して隠さないテーブル、それがシバストテーブルNo.2です。

椅子の美しさとの両立

商品詳細