fbpx
シバスト No 7 ラウンジ2019-01-15T10:12:56+00:00

シバストNo.7ラウンジ

シバストNo.7ラウンジは、1953年ヘルゲ·シバストによってデザインされたダイニングチェア·シバストNo.7からインスピレーションを受け2017年に新しくデザインされました。デザインしたのはヘルゲ·シバストの孫ディトレヴ·シバスト、そして彼の妻アナです。60年以上も前、祖父であるヘルゲ·シバストが考えたNo.7への思いをそのままに、今のライフスタイルに沿う新たなデザインを考案しました。

成形合板による大きな背もたれや、わずかにカーブさせながら下に行くにつれ狭めた後ろ脚といったユニークなディティールからは、1950年代から続くシバスト·ファニチャーのクラフトマンシップを感じ取ることが出来ます。祖父の代からの「クラフトマンシップ」そして「家族の絆」を受け継ぎながらディトレヴとアナは新しいチャレンジを続けます。

デザインの継承と新たなデザインチャレンジ

商品詳細
MENU
Sibast Furniture